タイムレコーダーのメーカーについて知りたい!

紙に打刻するタイプのタイムレコーダーは時代遅れと思っている方がいるかもしれません。
ですが中小企業では、労務管理システムを導入するには大きな費用が掛かることから、まだまだ現役で使われているアイテムです。
メーカーによって機能も打刻できる回数もさまざまですが、ここでは簡単に使えるおすすめのレコーダーをご紹介します。
これを読めば、万一会社のレコーダーが壊れても、どこで買い替えればいいかという悩みから解消されるでしょう。

おすすめのメーカーを紹介

おすすめのメーカーを紹介 おすすめしたいメーカーは、セイコーソリューションズのタイムレコーダーです。
精密機器販売の大手メーカーが出しているタイムレコーダーは、低価格の4種類の印字パターンの製品から、出退勤以外に、休憩や外出の記録も残せる6欄印字機能が付いているものまで多岐に渡っています。
多機能のタイムレコーダーを選びたいならセイコーソリューションズがおすすめです。
勤怠管理と言えばアマノもおすすめです。
WiFiでネット接続が可能なクラウド型のタイムレコーダーから、ICカードタイプ、紙タイプまで勤怠管理の考えうる限りの商品を数多く展開しているのがアマノです。
単に時刻を印字するだけではなく、社員モードやパートモードなど、雇用形態で使い分けられるタイムレコーダーも扱っているのがアマノです。

タイムレコーダーのメーカーは選ぶべきかどうか

タイムレコーダーのメーカーは選ぶべきかどうか タイムレコーダーは実はさまざまな種類が存在し、メーカーによって打刻の仕組みや機能に差分があります。
失敗せずタイムレコーダーを導入したいなら、何を重要視するかはっきりとさせておくことが大切です。
メーカーによって価格も異なるため、コスト面での配慮も必要となります。
それぞれ搭載されている機能も異なりますので、タイムレコーダー導入の際にはきちんと製品比較を行いましょう。
まず大切なのは、スムーズに管理出来るかどうかという点です。
現在の製品の中には、パソコンやアプリと連携出来るものがあります。
そうした機能があれば、わざわざ手打ちで入力する手間を省くことが出来ます。
タイムレコーダーの使用の際に気を付けたいのは、時刻の改ざんや代理の不正な打刻・打ち忘れです。
こうした場合、ほとんどのメーカーのタイムレコーダーが手入力での訂正となります。
ですが近年はこれらの不正防止のために、ICカード認証や生体認証システムを搭載している製品もあるのです。
本人でなければ打刻が出来ないシステムを採用していれば、こうした不正やミスを防止することが出来ます。
ただし、管理者側にとって操作が難しかったあり管理が面倒である場合は、すぐに導入するのではなく他と検討する必要があるでしょう。

●もっと詳しく知りたい方へのおすすめサイト●

タイムレコーダー